絵:物語は続く

自主制作
「冒険の絵展」(2018/2)展示
透明水彩 コピックマルチライナー

こどものころ
おじいさんの若いころの冒険の話を聞くのが
ぼくたちの楽しみだった
それは
おとぎばなしだったと
今では知っているけれど

おとぎばなしの
はずだけれど

パースも何もあったものではない全体図でお恥ずかしい限りなのですが、描いてみたいもの、やってみたいことを楽しく詰め込んだ一枚です。
なお下地は紅茶で作ってみました、が、案の定無駄に汚しすぎた模様。


関連記事

Comment





Comment